准看護師になりたい・転職したい方へ

准看護師とは

准看護師とは、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師、または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦(じょく婦)に対する療養上の世話、または診療の補助をなす事を業とする者のことである。
看護師が国家資格免許なのに対し、准看護師は都道府県知事免許となっている。
正看護師と准看護師の違いは、外から見ただけではほとんど分からず、仕事内容もそれほど変わらないが、具体的には以下のような違いがある。
免許は正看護師が国家資格免許に対して、準看護師は都道府県知事免許であるということと、看護師は自らの判断による主体的に看護が行えるのに対して、準看護師は医師、歯科医師、看護師の指示により看護が行えるといった点に違いがある。

また上記以外にも、准看護師は正看護師に比べ給与水準が低く、昇格に影響することも多いようだ。
准看護師になるには正看護師に比べて、比較的早く資格取得ができるため、病院等で1日も早く働きたい方は、まずは準看護師の免許を受けるという選択肢もあるようだ。
看護学校についても年齢制限を設けている准看護師学校は少なく、社会人の方でも入学できるようになっているので、働きながら学ぶことも可能だ。
准看護師学校に入学するには当然、入試に合格しなければならず、試験日程は各都道府県によって異なってくる。
2~3月に行われるのが一般的なので、事前に確認しておく必要がある。

私の友人にも準看護師の人がいるが、友人の場合は、最初に病院のリハビリセンターに勤務していたそうだが、看護師への憧れ、処置の拡大を思い、仕事の傍ら、看護学校へ通学していたそうだ。
実際に病院に勤務している友人に正看護師と準看護師の仕事の違いは何かと聞いても、明確な差はなく、変わってくるのはやはり給料面だそうだ。
同じ仕事量なのに給料が低いというのはなんともやりがいを見失ってしまう要因になりかねないと危惧したが、友人は正看護師を最初から勉強するつもりはなかったという。
自分の生活スタイルや、状況に合わせて準看護師を目指すのも選択の一つと感じた。

新着情報