准看護師になりたい・転職したい方へ

准看護師Q&A|男性もいる?

法整備や、女性の社会進出が進み、医療の現場でも、男女間格差は埋まりつつあるといえる。
特に近年は、政治から女性の社会進出を促進する施策も行われており、実際の職場でも男女格差の埋まりを感じられるようになってきている。
最近は、男性の准看護師も多く採用が見られるようになってきている。
では男性看護師の割合は全体のどれくらいなのだろうか。
実は全体の5%程度にとどまっているのだ。
しかしまったく男性看護師がいなかった看護婦時代と比べれば、5%にまで増加したと考えることもできるが、100人の看護師のうちの5人をイメージすれば、圧倒的に女性が多い職業であることが分かる。

看護師業界で働く男性にも、それなりの心労があり、多くの女性に囲まれて男性が一人で働くとなれば、なじむことに抵抗を感じる方も多いかもしれない。
しかし、看護師の仕事では、それぞれが患者さんの看護や医師の医療補助を行うので、男性が得意とするチームワークも必要とされる。
医療の現場では、迅速な判断・対応が求められ、個々の意志の強さも求められる。
女性が得意としない部分を男性がサポートすることで、よりバランスがとれたチームができるため男性看護師を募集することも多くある。

そのほかにも、男性看護師が必要とされる場面はたくさんある。
男性の患者さんであれば女性の看護師では恥ずかしいと思う方もいるだろうし、看護の仕事では、重たい荷物を移動させたり、人の体を支えたりすることも多い。
救急看護の認定看護師においては男性看護師のほうがいいという意見もあるくらいで、マンパワーの必要性は立証されているのだ。

精神の不安定な患者は、自身の意思をコントロールできずに、暴れたりつかみかかってくるといったこともある。
そういった環境では、対応が可能な男性の看護師を募集するなど、男性を必要とする現場は必ずある。
また、介護付き有料老人ホームや保育所など、病院とは別の准看護師の求人を行っている施設もある。
こういった勤務先を検討するという選択肢もあるので、幅広い分野で男性准看護師を目指してみてはいかがだろうか。

新着情報