准看護師になりたい・転職したい方へ

准看護師のお仕事

正看護師は患者さんの診察の補助として体温などの測定、注射、点滴などや、日常生活の手助けなどを医師の指示の下に行うのが仕事だが準看護師の仕事はどうだろうか。
准看護師は医師や看護師の指示を受けて働く役割となっているが、実際には看護師とほぼ同じ業務を担当していることが多く、量も質もあまりかわらない病院がほとんどだ。
一言でに正看護師と准看護師といっても、働く機関や規模によって仕事内容は多岐に渡っている。
生命に関わる仕事だけに責任は重大だが、その分、やりがいを持って働くことができる仕事である。
日々のお仕事を通じて人の役に立っている、という充実感を得ることができるのではないだろうか。

また、経験と勉強を積み重ねることで、認定看護師といった専門的知識を身につけた看護師にもステップアップが可能になる
認定看護師を目指している方は、勉強と仕事の両立のために、自分に合った仕事探しをしてみるのも良いかもしれない。
生命に関わるお仕事なので、強い責任感を持って働くことのできる人が看護師に求められる。
また、緊急時に状況を把握する力、自分に任された仕事をやり遂げる力なども必要となる。

そして、何といっても人と接する仕事なので、コミュニケーションスキルが大事になってくる。
心を込めた誠実な対応をすれば、患者さんからの信頼が高まること間違いない。
大事なのは正看護師であっても準看護師であっても仕事を一所懸命しようとする前向きな姿勢と、疲れを表に出さず、常に元気でいることだ。
看護師とは正、準関係なく、患者に関わる仕事である。
患者はなにかしらの病を抱え、それは肉体的だけでなく、精神面での落ち込みも多く見られる。
そういった人たちに対して、気持ちが落ち込んだ状態で接しては、良くなる病態も良くならないのだ。
人と接する仕事でコミュニケーション能力が大事だと説明したが、なにより患者を思う心、奉仕の心を大切にできれば、看護師として立派に大成すると自信を持って言っておこう。

新着情報