准看護師になりたい・転職したい方へ

准看護師の資格

何か資格を取りたいと思ったら、今、日本には数多くの資格がある。
資格は多くあればいいものではなく、自分が目指す上で価値がある資格をとることが先決だ。
医師や弁護士などといった資格は相当な覚悟と努力がなければとれない資格だが簡単に取ろうと思うなら、資格はいくらでもある。
ソムリエやフラワーアレンジメントの資格はテレビにでている芸能人がよく肩書きに利用する資格だが、それ以外にもたくさんの横文字資格が存在する。
全部は紹介できないので割愛するが、野菜ソムリエなどもその一つであり、これもまた多くの芸能人が取得している資格だ。

これら数多くある資格は、国家資格、公的資格、民間資格に大別する事が出来る。
国家資格には、医療の現場では、医師・看護師・介護福祉士などがあり、その他の分野では、弁護士・管理栄養士・行政書士・公認会計士・航空機関士など多岐に渡る。
これらは、国が試験を行い、国から資格として認める。
また、ソムリエなどの資格は民間資格になるので、民間企業が講座を開いたり、通信教育等を行い、資格についても独自の基準で判定している。
そのため、公的資格は民間資格に比べ、信頼性が高いという認識もある。
国や民間企業以外にも、財団法人などの公的機関が行い、そこから資格が与えられる公的資格もある。

これら国家資格、公的資格、民間資格のうち、ナースの資格はどれに当たるのだろうか。
看護師の資格は、医師や弁護士と同じ、国家資格に該当する。
国が行う看護師国家試験を受験し、合格すると厚生労働大臣から免許が交付される。
一方、準看護師の資格はどれなのだろうか。
准看護師の資格は国家資格ではなく、公的資格になるのだ。
都道府県が管轄をしており、試験は都道府県で行われる。
その為、准看護師試験内容は都道府県によって異なってくる。
合格すると都道府県知事から免許が交付されるのだ。
准看護師は、業務内容は同じなのに給料などの待遇が悪いと言われているが、この国家資格と公的資格の違いから、このような差が生じてくるのではないだろうか。
正看護師と準看護師。
自分の状況にあった看護師資格を選ぶことが大切だ。

新着情報