准看護師になりたい・転職したい方へ

准看護師から正看護師を目指す

准看護師から正看護師を目指そうとする人は年々増加傾向にある。
正看護師と准看護師の違いは、外から見ただけではほとんど分からず、仕事内容もそれほど変わらないが、具体的には以下のような違いがある。
免許は正看護師が国家資格免許に対して、準看護師は都道府県知事免許であるということと、看護師は自らの判断による主体的に看護が行えるのに対して、準看護師は医師、歯科医師、看護師の指示により看護が行えるといった点に違いがある。
また上記以外にも、准看護師は正看護師に比べ給与水準が低く、昇格に影響することも多いようだ。
仕事量がほとんど変わらないのにも関わらず、給料で差が出るというのは非常にくやしいのではないだろうか。
お金がすべてではないが、仕事に見合った対価報酬が無ければ、仕事にやりがいを見出せない。
だが准看護師から正看護師を目指すことを考えた場合、いくつかの壁が立ちはだかる。

仕事をしながらの勉学なので、身体を壊す可能性もあり、勉強が実にならない可能性もある。
准看護師を仕事の傍ら取得したという人は簡単に考えがちだが、正看護師の現況範囲は多く、准看護師の勉強の比ではない。
准看護師から正看護師を目指すには、昼間だと2年間、夜間、昼夜間だと3年間、俗に進学コースといわれる看護学校に通い、国家資格を受験するか、10年以上のキャリアを持つ准看護師の方なら通信教育制度も始まったので、選択肢は多様化してきている。
看護上のアセスメントや、看護診断などについて深く学んでいき、看護のより深い知識を習得していかなければいけない。
そのようなことを学ぶことで、より深いケアを提供することができるようになるのだ。

社会人になり、お金の工面など、経済的余裕が出てきた人は正看護師を目指すいいきっかけになるのではないだろうか。
看護師として、より高度な医療技術を学びたい人にも正看護師はおすすめである。
准看護師を経て正看護師になった人は、直で正看護師になった人に比べ、勉強量が多いため知識も豊富だ。
ぜひ准看護師から正看護師を目指してみてはどうだろうか。

新着情報