准看護師になりたい・転職したい方へ

託児所を活用しましょう

正看護師の方でも准看護師の方でも看護師の方が働く職場では、託児所つきの職場が多くなってきている。
これは、結婚して出産された正看護師、准看護師の方にも働いてもらいたいという医療施設の考えでもあり、積極的に使っていってほしい。
託児所が完備された病院は、大学病院・総合病院など比較的大規模な病院に多く見られる。

クリニックなど小規模の医院では、託児所完備のところは少ないが、その中でも、介護系・福祉系の施設では、託児所があるところがみられる。
これは、介護系・福祉系の業界は、比較的年齢の高いスタッフが多いなどの特性があるため、託児所の需要が多く、設備が整っていることがあるのではないだろうか。
今後は現在の社会状況を考えると、さらに託児所を備えた介護・福祉施設が増えてくることが期待できる。

病院が完備している託児所には、通常の保育施設との違う特徴がいくつかある。
最近一般的になっているのは、24時間子供さんを預けられることだ。
夜勤が多い、看護師系の職業につくものにとっては、24時間預けられる託児所は非常に心強い。
准看護師の方で仕事の傍ら正看護師を目指して頑張っているという人にも便利だ。
また、基本的には、託児所は病院の敷地内か、近郊にあるので、「子供さんが熱を出した。」「調子が悪い。」といった緊急事態にも、すぐ駆けつけることができる。
近年男性の看護師の方も増えているが、男性の方でも子供さんを預けることができるのでご安心を。

託児所に預けても、最初は慣れないで、母親と離れたら泣き出してしまう子もいるが、託児所に通い続けているうちに、友だちもできて、数か月後には、託児所の生活になじむ、笑っているようになるなるお子さんが多い。

病院が完備している託児所には、デメリットもある。
スペースが狭いところも多く、成長した子供さんの場合は、スペースを窮屈に感じるかもしれない。
また保育士の方は非正規雇用であることが多い。
だからと言って、質が悪いわけではないが、大切なお子さんを預ける上で、経験が薄いなどの不安に思う方も多いのかもしれない。

託児所つきの病院を探す時には、看護師の求人・転職サイトを利用すると、検索などができて見つけやすい。
准看護師の方で託児所を利用したいという方もそういった民間の看護師サポートサイトで聞いてきたほうがより確実かと思う。

新着情報