准看護師になりたい・転職したい方へ

ブランクがあり不安な方へ

看護師を目指した理由は人それぞれかと思う。
人の命を救いたいから、医療現場で働きたいから、資格をとって一生働いていたいからなど人それぞれ思い入れが違う。
勉強して経験を積ん学んできた看護師という仕事。
誇りに思って頑張ってきたことだろうと思うがそんな中でも現実は厳しく、仕事に翻弄される毎日。

看護師は、現場で学び経験を積んで成長していくのは分かっているが、体がついていかず休日は寝ているいるだけという経験も少なくない。
看護師不足からくる激務は、誰もが知っていることだ。
しかし、看護師の職を離れ、別の世界の仕事を経験してみると、看護師と言う仕事のやりがいがどれだけ素晴らしかったかという事、自分の仕事に誇りを持っていたのだと再認識する人も少なくないのだ。

そういった場合、看護師として復帰をしたいと考える方も多い。
すると今度は色々な不安が湧いてくる。
「ブランクがあるのに勤務できるところはあるだろうか?」「また忙しさに耐えられないかもしれない」「家庭との両立が図れないのでは」「子供が小さいから、まだ働くのは無理だ」「まわりのサポートは受けられるだろうか?」
そんな不安があることで、復帰に二の足を踏んでしまう事も多いのではないだろうか。

だが実は、准看護師には色々な働き方ができる。
勤務スタイルや、時間などポイントを押さえておけば、無理のないライフスタイルに合った働き方ができるのだ。
看護師という仕事は医療現場ばかりが仕事場ではない。
准看護師であってもその現状は変わらず、様々な分野で看護師は必要とされている。
例を挙げれば、学校の保健室や、企業でも保健室がある。
また介護福祉施設でも看護師を必要としているところは多い。

看護師の人でブランクを不安がる人の多くは自分の手技に対する不安、知識が今の医療に通用するかという不安が大半かと思う。
無理をして、医療の現場にでなくても、特別な医療行為に携わらない職場を選ぶのも一つの手ではないだろうか。
どうしても医療の現場に戻りたいが不安に感じている正看護師、准看護師の方は派遣の仕事をおすすめする。
派遣であれば短期間で、軽い業務のものなど選べるのでブランクのある人には便利だ。

新着情報